2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2014.11 検査結果イロイロ
おはようございます。

検査入院からぽよっと帰って
きたわっくん。
パパとお話していました。
20141108005305d6a.jpg
かぶりつき〜

痰が黄色いので、(T ^ T)
感染症!?
吸入を多めにしています。
目の赤みはこまめに洗浄して
落ちついてきました。
20141108005304ff2.jpg
昨夜は35.5℃で、
頭にタオル♨︎


尿検査、培養で、
尿路感染の可能性があり。
今回1番気になったことです。

尿意を感じてから、自分の腹筋で
押し出すのではなく、おしっこが
たまったら出ている状態なので、
おしっこが常に膀胱に
溜まり気味なのだろう。とのこと。

2週間後、尿再検査。


検便で潜血はなく、採血では、
カロリーは多分足りているけれど、
微量元素(亜鉛、鉄など)は
足りているものもあれば
足りていないものもあり、

できる範囲で家のご飯を
(でもチューブがつまらないように
ミキサーを使ってサラサラにして)
入れてみる。

フェロミア顆粒は飲んでいる
けれど、それ以外で薬で
微量元素を補うのは難しい。

胃残、便の状態、体の全体的な
様子を見ながら、わっくんが
今の安定を維持できるように
見ていく。

コルチゾールは低かったのですが、
コートリル(ステロイド)の量は
増やさずそのまま様子見で。

筋緊張はそこまでひどくないと
言うことで、これ以上ギャバロンは
増量せず様子見。

心電図ではWPWの傾向は
ありますが、これは1年前から
変わらないので、引き続き様子見で
頻脈になったときはすぐ救急車。


胸の形などに変形は見られない
ので、抱っこ座位はせず、
うつ伏せやベッド上での座位を
継続していく。

そんなこんなの結果でした。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村
↑良かったね、ポチッ♪
悪化する話しかされない中、
6か月体調を維持できたことは
最高に嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ならんこかあたん

Author:ならんこかあたん
3人の子どもたちとわちゃわちゃ過ごしています。1歳の息子、わっくんが難病と確定し、急変して低酸素脳症へ。主人と右往左往しながら、毎日を積み重ねています。もっとこうしたら良かったなどいろんな考えを書いて、どうか他の方の闘病に少しでも役立ちますように!
わっくんは2歳半でお空へ帰りました。
チビねえね6歳、大ねえね19歳、
あっくん0歳です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。